| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初心者のSEO対策

見出し要素の正しい使用法

ページの製作者はどの部分を検索結果ページに抽出すべきか指定できない。例えH1要素で囲んであっても検索語句に無ければ無視されるだけ。

語句の重要度付けはページ内の比較的な重要度であって、ページ内容を分りやすくし性格付けするために使われる。

見出しの要素は、その章・節で述べられる話題を短く記すものである。

H1要素に代表される見出し要素。H1要素にはページ内で最も重要な語句やキーワードを含めるべきだ。H2以下はSEO的に 1ページに1回しか使えないわけではない。かといって無闇に使うのは考えもの。

Hxのxは何等かの文字が入るという意味で使っている。この場合は1から6の数字が入る。

(Hx)は見出し(要素である。それに続く文章を要約したものが見出し(Hx)となる。よって、パッと見て本文の内容を推測できる文章を考えて見出しに入れる事が肝心だ。

同様にH2から重要度と反比例し数字は大きくなってゆく。ここでの重要度とは、あくまでそのページの中での話しだ。あるキーワードにページAでH1が、ページBでH3が割り当てられていても不思議ではない。

このような文字の論理的処理では、見出しや強調を使い重要な語句やキーワードがページの中で重要な位置を占めるように調整しておくことを心がける。

見出し要素の書き比べ見出し要素を使って文字を書き比べてみました。

で囲まれた文字がこの枠の中で最も重要な文字。さて、この中で一番伝えたい言葉はどれだろうか?

自分の名前だとしたら<H6>
幸村
</H6>だが、このままだとあまり重要だとは思わずに、<H1>や<H2>で強調した「アクセスアップ」や「SEO対策」が重要と思われてしまう。

<H1>

アクセスアップ

</H1>
<H2>

SEO対策

</H2>
<H3>

Googleサイトマップ

</H3>
<H4>

検索エンジン対策

</H4>
<H5>

SEO教室

</H5>
<H6>幸村</H6>
なお、ここでは説明のためにH4以降も例示したがSEO的な意義は低いので無視してしまっても差し支えないです。


キーワードは検索語句に使われたい言葉

<H1>

アメリカ最新SEO教室

</H1>

<H2>

SEO対策でアクセスアップ

</H2>

初心者でも分る<strong>簡単SEO教室</strong>、おじいさんが<em>アクセスアップ</em>で腰を抜かしても驚かない!アメリカ最新がポイント解説。

文章の中に自然な形でキーワードが含まれるようにすると、ビジターが読みやすい形でサーチエンジンにも訴えかけられる文章を書けるようになるだろう。

(I,B,BIG,SMALL)は単にブラウザがそのように表示するだけで、論理的な意味を持たないそうなんだ。
論理的強調であるSTRONGとEMとは、似ているようでもSEO的には全く違う扱いになるんだって。

ふーん。 文章の中で大切な文字を<H>や<Strong><em>で強調するとサーチエンジンが重要な文字と思ってくれるんだ。チョッとだけだけどね。^_^;

strongやemは何度も使える。期待を裏切って悪いが論理強調と呼ばれるこれらの要素には大きなSEO効果は無い。論理強調はページの冒頭部分に集中して使うと良いともいわれているが、それも重要な文章をそこに書いてあったらの話だ。

論理強調の主な効果は見出し要素に含まれる検索語句を補完する事。よく分らなかったら見出し要素に続く文章で一度ずつ使っておけば良いかな!^0^
スポンサーサイト

| 初心者のSEO対策 | 09時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。